40坪3階建ての間取り図 2階にリビングを作る理由

今回紹介するプランは40坪の三階建ての間取りです。

三階建ての間取りの大きなメリットというのは2階だったものを3階にして
敷地を有効利用しようというところですね。

例えば2階建てにすると敷地が狭すぎて駐車場が取れないと言った時
3階建てにするということが有効になってくるというメリットがあります。

家が高額なで限られた敷地の中で数を確保しなければいけない時に
土地の面積を抑えて総体予算を下げたいときなど三階建てが有効になってきます。

今回の参考のプランは一階に洗面室と浴室、そして6畳2部屋
二階にリビングダイニングに畳コーナー
3階に8畳の寝室とウォークインクローゼット4畳に6畳の部屋あります。

サンルーム的な部屋干し室も3階にあります。

南側の方が道路にあるのでこの3階のバルコニーが消防用の非常用進入口になってきます。

リビングを2階にするのは1階リビングもいいんですけれども
家に入って1階リビングだと3階の人がリビングから遠くなってしまうんです。

そうなってくると2階の人と3階の人がちょっと不公平感が出る。

3階はリビングから遠いみたいなそういうことでストレスになる可能性もあります。

一階からも行きやすく、3階からも行きやすく、
リビングから降りるとお風呂ににも行きやすいという2階リビング案は
移動距離をもっと短くしようという狙いがあります。

3階の寝室が夫婦の部屋に割り当ててありますが
別に1階の方を両親の部屋にし別々でもいいです。

3階を子供部屋にすると言ったことでも構わないと思います。

トイレも各階に設けてますが3階までつくれないということも多々あります。

2階のLDKには畳コーナーがあって、この部屋は畳でなくフローリングで
学習スペースとか他の用途に使ってもいいと思います。

キッチンの横にはパントリー収納があります。

背面の収納も非常に広く、収納量がたっぷりあります。
さらに2畳のパントリーするのがあって収納が充実してるという感じですね。

キッチンのすぐ横に洗面があり3階の人が下まで行かずにここで洗面を利用できます。

その辺もストレスをなくすというところで役に立ちます。

3階建ては最初はちょっと足が張ったりすることもあるみたいです。
階段の上り下りが多いせいでしょうか。

3階建ての現場なんかではあまり感じないんですけども
広い家の方がちょっと疲れたりしますね。

今回は敷地を有効利用する三階建ての家間取りの参考例でした。

三階建て住宅のブログが大集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 3階建て・4階建て住宅へ
にほんブログ村

訪問ありがとうございました。

カテゴリー: 3階建て 間取り,三階建て 間取り,間取り 三階建て | Tags: , ,

最近の投稿

プロフィール

三階建ての住宅を多く建てています。一級建築士事務所。一級建築士。三階建ての間取りを作成提供しています。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村