広いデッキテラスのある三階建ての間取り図

敷地の広さ 北道路 6.5M×16M
建てものの規模 37坪

必要な部屋

1階

玄関ホール シューズクローク
ガレージ
洗面室 脱衣室 浴室
トイレ
洋室 6畳 クロゼット

2階

リビングダイニングキッチン 18畳
パントリー収納
リビング収納

3階

寝室 8畳 クロゼット
洋室 5畳 クロゼット × 2室
トイレ

間取りの要望

3階建ての間取りにしたい。

一部ビルトインガレージにして駐車場1台確保したい。

水周りは1階に配置したい。

LDKは2階に配置する。

トイレは2箇所以上でダイニングそばには配置しない。

リビングの南側にデッキ敷きの広いテラスが欲しい。
(テーブルが置けるくらいの広さ)

3階には物干しバルコニーが欲しい。

学習コーナーとパントリー収納のある3階建ての間取り図

敷地の広さ: 12M×10M 南道路
建物の規模: 3階建て 40坪 4LDK

必要な部屋

1階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洋室 5畳 クロゼット
玄関 3.5畳
階段室
トイレ 1畳
洗面脱衣室 2畳 浴室 2畳

2階

LDK 20畳 パントリー収納 1畳
トイレ 1畳
ラウンジ ホール 3畳
バルコニーテラス

3階

洋室 6畳 ×2室 クロゼット付き
物入れ

間取りの要望

2階にLDKのある三階建ての住宅。
1階に寝室を配置

1階にバスルームと洗面脱衣室を配置する。

2階に広いバルコニーテラスを作る
バルコニーテラスへは部屋を通らず行ける。

キッチンは対面式キッチンにしたい。

リビングに作り付けの学習コーナーカウンターがほしい

玄関にはシューズボックスのほかに土間収納が欲しい。

キッチンにパントリー収納が欲しい。

3階にもバルコニーテラスをつくる。
部屋を通らず行けるようにする。

屋根付きテラスのある三階建ての間取り図

敷地の広さ 7M×14M 南道路

建物の規模 三階建て 33坪

必要な部屋

1階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洗面脱衣室 2畳 浴室 2畳 トイレ 1畳
玄関ホール 3畳 物いれ
階段室 階段下収納 2畳

2階

LDK 16畳
バルコニーテラス 3畳 屋根付
トイレ 1畳 納戸 1畳

3階

洋室 6畳 クロゼット1畳付き 2室
共用の物いれ 1.5畳

間取りの要望

2階にリビングダイニングを配置する
リビングの前に屋根付テラスが欲しい。

テラスはウッドデッキ敷きにする。

1階お風呂や洗面などの水周りを配置
3階は子供部屋が2室で同じ広さにする。

3階のホールからテラスへ出れるようにする。

3階にトイレはなくてよい。

33坪以内に抑えて延べ床面積を小さく抑えたい。

リビングにリビング収納が欲しい。

キッチンは対面式にしたい。

家族構成

夫婦 子供2人の予定

畳コーナーのある三階建ての間取り図

参考の間取り図は3階建ての住宅のプランです。

2階にリビングダイニングキッチンと洗面脱衣室や
浴室などの水回りが配置されています。

リビングには3畳の畳コーナーがあり
書斎や子供の遊び場などに使える場所があります。

リビングの南側には6畳の広いバルコニーテラスがあります。

1階には8畳の寝室と8畳の洋室があります。

それぞれの部屋には4畳の広いウォークインクロゼットがあります。

3階には6畳の洋室が二室あります。
各部屋には3畳と2畳のウォークインクロゼットがあります。

3階は南側のと北側に2か所バルコニーテラスがあります。

トイレは1階と3階に二か所あります。

玄関ホールは東側にあり、南道路や北道路
西道路の敷地に建築が可能な間取り図です。

3階建ての住宅は敷地の有効活用が可能で
小さな土地に建築が可能な住宅の間取り図です。

デッキテラスのある三階建ての間取り図

参考のプランは33坪4LDKの三階建ての住宅の間取りです。

東道路の想定で東玄関のプランになります。

2階にリビングダイニングキッチンのあるプランで
上下の階の1階と3階にベッドルームが配置されます。

1階には洗面脱衣室とバスルームの水周りも配置されています。

上の階に行くほど水圧が弱くなるのを考慮したためで
1階のベッドルームにも近いというメリットもあります。

トイレは各階にあるので上下階の移動もないので便利です。

リビングダイニングキッチンは屋根つきのデッキテラスに面しており、
バルコニー付で部屋を広く見せる効果を狙っています。

リビングとダイニングは緩やかにつながりながら
別々のスペースになっているので居場所を分けることができます。

1階の洋室は6畳の部屋が2室で南の庭に面しています。

3階の洋室は6畳が2室で広いバルコニーテラスに面して
部屋から出ることが可能です。

広いテラスにはテーブルもおくことができます。
デッキテラスで日光浴もティータイムも可能です。

33坪とコンパクトな三階建ての間取りながら
部屋数と収納も確保されています。

建築費を抑えながら建築することが可能で
敷地を有効利用しながら家族で住む間取り図です。

都市部の土地や小さな土地に建築可能なため
土地の金額を抑えることができるため総体予算が抑えられます。

最近の投稿

プロフィール

三階建ての住宅を多く建てています。一級建築士事務所。一級建築士。三階建ての間取りを作成提供しています。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村