デッキテラスのある三階建ての間取り図

参考のプランは33坪4LDKの三階建ての住宅の間取りです。

東道路の想定で東玄関のプランになります。

2階にリビングダイニングキッチンのあるプランで
上下の階の1階と3階にベッドルームが配置されます。

1階には洗面脱衣室とバスルームの水周りも配置されています。

上の階に行くほど水圧が弱くなるのを考慮したためで
1階のベッドルームにも近いというメリットもあります。

トイレは各階にあるので上下階の移動もないので便利です。

リビングダイニングキッチンは屋根つきのデッキテラスに面しており、
バルコニー付で部屋を広く見せる効果を狙っています。

リビングとダイニングは緩やかにつながりながら
別々のスペースになっているので居場所を分けることができます。

1階の洋室は6畳の部屋が2室で南の庭に面しています。

3階の洋室は6畳が2室で広いバルコニーテラスに面して
部屋から出ることが可能です。

広いテラスにはテーブルもおくことができます。
デッキテラスで日光浴もティータイムも可能です。

33坪とコンパクトな三階建ての間取りながら
部屋数と収納も確保されています。

建築費を抑えながら建築することが可能で
敷地を有効利用しながら家族で住む間取り図です。

都市部の土地や小さな土地に建築可能なため
土地の金額を抑えることができるため総体予算が抑えられます。

狭い間口の木造三階建ての間取りプラン例

参考のプランは35坪の3階建て住宅の間取り図です。

東道路で短冊状に奥に長い敷地になっています。

間取りは2階にダイニングとリビングが分かれてあり、

上下の階にベッドルームが3部屋配置されています。

1階には玄関ホールと洗面脱衣室と浴室、トイレの水周りと
主寝室が8畳で収納が3畳のスペースがあります。

階段を上がって2階には12畳の対面式のダイニングキッチンと
8畳のリビングルームがあります。

リビングルームにはバルコニーが付いており、
東の道路側に対して掃き出し窓になっています。

3階には洋室が6畳と7畳の広さで2室あり、
それぞれにバルコニーテラスとクロゼット収納があります。

トイレは各階にありますので、
階段で他の階に行く必要はないので便利です。

木造3階建ての場合1階の間取りに壁の量を必要とすることが多いです。

今回の場合水周りなどで壁量が多くあるので
耐震的にも有効な壁を多く間取りにも多くつくることができています。

狭い敷地で問題になりそうな日当たりに関しても
東西の敷地の余白部分から取り込むことができています。

35坪4LDKの三階建ての間取り図

参考のプランは35坪の3階建ての間取り図です。
南道路の想定で、玄関は東側に配置されています。

東道路の敷地でも利用が可能です。

LDKは2階にあり、1階には洗面脱衣室と浴室
玄関ホールと和室と洋室があります。

3階には洋室6畳と寝室8畳があります。

リビングダイニングキッチンから上下階に移動するので
リビングを中心に各部屋へ行きやすくなっています。

玄関ホールは3畳で階段と隣接して広く見えます。

玄関付近には和室4.5畳があり、押入れ収納もあります。
主に書斎やゲストルームに利用します。

ベッドルームにしても良いでしょう。

洋室6畳はベッドルームでクロゼットが1畳

洗面脱衣室にはリネン庫収納もあります。

ユニットバスは1坪タイプで1616サイズです。

2階のリビングダイニングキッチンは広く20畳の広さです。

キッチンは対面式でパントリー収納が2畳あるので
収納衣料も豊富で使いやすいキッチンです。

3階の寝室は8畳でウォークインクロゼットが3畳です。
寝室の南にはバルコニーテラスがあるので物干しに便利です。

洋室6畳にも東にバルコニーテラスがあります。

トイレは1階と3階に2箇所あります。

建築面積も小さいので狭い敷地を有効活用できる
3階建ての間取り図になっています。

コンパクトで部屋数の多い三階建て住宅の間取り図

参考の間取りは36坪5LDKの三階建ての間取り図です。

1階には玄関ホールとベッドルームが2室と
2階にダイニングルームとリビングルーム、洗面とバスルーム
3階にはベッドルームが3室で各階にトイレがある間取りになります。

1階のベッドルームの1つは8畳の寝室で
クロゼットが2畳あります。

夫婦の寝室の想定です。

玄関ホールの奥には共用の物入れとコートをかけるクロゼットがあります。

南のベッドルームは5畳で、親世帯の宿泊や
友人やゲストが止まる部屋になる予定です。

書斎や趣味の部屋にも使うことができます。

二階のダイニングは対面式キッチンで
リビングとは別室にすることで家族の居場所を分散できます。

洗面室と脱衣室も分けられているので
バスルーム使用時でも洗面台を使うことができます。

3階の洋室は子供部屋の想定で3部屋あります。
各部屋にはバルコニーもあり眺望と採光が良く、
明るく快適な部屋になっています。

大家族でも住むことができる部屋数で
延べ床面積が36坪とコンパクトに収められています。

また建築面積もコンパクトですので、
都市部の狭い敷地に建築することで土地の有効活用ができます。

3階にバスルームのある3階建ての間取り図

参考のプランは39坪4LDKの間取りです。

2階リビングの間取りで1階と3階にベッドルームがあります。

玄関は南玄関で1階に配置されています。

1階にはベッドルームが2室で、寝室は北側にあります。
東窓のある明るい部屋で、ウォークインクロゼットが3畳あります。

1階のもうひとつの部屋は6畳でクロゼットつきです。

2階のLDKは18.5畳でリビングとダイニングが
同じ部屋でありながら違うスペースに分かれています。

キッチンは対面式で横にパントリー収納もあります。

リビングとダイニングそれぞれにバルコニーテラスがあり
広い窓で明るい部屋になっています。

3階にはベッドルーム2室と洗面室とバスルームの
水回りがあります。

水圧が低すぎる場合はポンプをつけることで
3階の水周りが可能になります。

洋室6畳2室にはそれぞれ収納が1.5畳あり
専用のバルコニーテラスもついています。

トイレは各階にあるので行くのにストレスもなく、
家族が多い場合でも同じ時間の混雑が避けられます。

階段は踊り場のある階段なので
上り下りのときに危険が少なくなっています。

ビルトインガレージのある三階建ての間取り図

参考のプランは42坪4LDKの三階建ての間取り図です。

1階にはビルトインガレージと洋室8畳があります。
また、3畳の広い洗面脱衣室と浴室とトイレがあります。

広い洗面脱衣室は収納も置ける広さになっています。

2階には20畳の広いリビングダイニングキッチンがあります。

玄関は2階にあり、外階段を上がって入ります。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せる広さです。

キッチン脇にはパントリー収納が2畳の広さであり
収納量の大きなキッチンスペースになります。

2階のLDKは上下階へ移動がしやすく
ベッドルームからリビングに集まりやすくしています。

3階には6畳のベッドルームが3室あります。

各部屋には1畳のクロゼットがあります。

共用の納戸もあり収納量も豊富です。

各階にトイレがあるので移動が楽になり
混雑も避けられるので便利な間取りです。

コンパクトな三階建て間取り図

今回の3階建ての間取り図はコンパクトな敷地に建つプランです。

敷地は東道路の想定で35坪5LDKのひろさになります。

2階にリビングダイニングキッチンがあり
上下の階にベッドルームを配置しています。

そのことでLDKからの移動の距離は短くなります。

キッチンは対面式で広くオープンなタイプ
フルフラットキッチンにすることでさらに広がりが感じます。

洗面脱衣室と浴室もLDKから行きやすい
2階に配置されています。

1階には5畳の広さのベッドルームが3室で
各部屋にはクロゼットルームがあります。

洗面と浴室に行くのにリビングを通過するので
1階にベッドルームがあっても家族とのコミュニケーションがとれます。

3階には寝室8畳とウォークインクロゼット、
4.5畳の書斎があります。

4.5畳の部屋は予備室でベッドルームにもなります。

夫婦が別で寝た方が睡眠が取れる時期や
仕事の都合で時間帯が合わないときにも別な部屋で就寝できます。

バルコニーテラスは3階が広くなっています。

トイレは各階にあるので混雑が避けられ
移動も短いので不便を避けられる間取り図です。

ビルトインガレージ付三階建ての間取り図

今回の三階建ての間取りは33坪の大きさのプランです。

1階は玄関ホールとビルトインガレージ
洗面脱衣室とバスルームとトイレの水周り。

洋室5.5畳と物入れのスペースがあります。

2階はリビングダイニングキッチンのスペースで
対面キッチンでバックカウンター収納も広いです。

リビングには大きめの収納もあります。

3階には洋室が2室あり
各部屋にはクロゼットルームがあります。

またバルコニーテラスとの間に部屋干し室があります。
部屋干し室があることで共働きの家庭では
洗濯物を干したまま仕事に行くことができます。

花粉や梅雨の日などの外に干しにくい日でも
日のあたる場所に洗濯物を干すことができます。

間取りは12坪の建築面積ですので
狭い敷地にも建築可能です。

ガレージもあるので駐車場も1台確保できます。

ルーフバルコニーの広い三階建ての間取り

参考のプランは41坪5LDKの三階建ての間取りです。

東道路で東玄関の間取りになります。

最上階に広いルーフテラスがあり
その広いルーフテラスに面してセカンドリビングがあります。

日々くつろぐスペースとしても
パーティースペースとしても利用可能です。

2階のリビングのスペースよりも
格段に景色が良くなると思われます。

居場所を家族と分けてくつろいだり
何かほかのことをしたいときでもセカンドリビングは有効です。

ベッドルームは1階に3室と3階に1室あります。

2階にリビングダイニングと水周りを配置することで
LDKを中心に上下の階に移動しやすい間取りになっています。

洗面脱衣室とバスルームはキッチンの近くに配置され
家事動線がコンパクトになるように設計されています。

トイレは各階にありますが廊下に配置され
できる限り部屋から音を遠ざける工夫がされています。

各部屋とリビングダイニングは南窓があり
明るく快適な部屋を確保しています。

部屋干し室のある三階建ての間取り図

参考のプランは38坪4LDKの三階建ての間取りです。

北道路の想定で北玄関の間取りで
2階にリビングがある間取りです。

1階には洗面脱衣室とバスルームの水回りと
寝室8畳とウォークインクロゼット
5畳の洋室があります。

2階のリビングダイニングキッチンは
18畳で対面式キッチンで広がりのある間取りです。

リビングの背面に納戸収納とキッチンの横にパントリー収納があって
収納量もある便利な間取りになっています。

リビングとダイニングは南に面して明るく
バルコニー対の窓ははきだし窓で光がふんだんい取り込まれます。

3階二は6畳の洋室ベッドルームが2室と
部屋干し専用の物干し室があります。

部屋干しのスペースからは広いベランダに出ることが可能。

バルコニーえtラスは南に広くあり、
日当たりもよいので物干しに便利です。

トイレは各階にあり混雑が避けられて便利です。

三階建ての間取りは敷地にの有効活用ができるので
資産を上手に活用することができる間取り図です。

最近の投稿

プロフィール

三階建ての住宅を多く建てています。一級建築士事務所。一級建築士。三階建ての間取りを作成提供しています。

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村